台北の食品/飲料市場視察

台湾は世界有数の親日国であり、また日本製品に対する評価も非常に高いため、比較的海外進出がしやすい国と考えられがちですが、市場環境やビジネス環境、商習慣は日本と全く異なると言っても過言ではなく、その点が日系企業進出の最大のボトルネックになっています。

台湾への進出をお考えの食品/飲料メーカー様向けに、現地の政府系団体/卸売業者/進出済み日系企業/百貨店・スーパー・小売店等へ訪問して現場の生の声を訊いていただく視察パッケージを、ご要望に応じてカスタマイズしてご提供いたします。

地域: 東アジア
具体的な経験の内容: ・日系イタリア食材店の現地開業支援・開業後の運用支援 ・日本酒の酒蔵の現地イベント開催支援・輸出代行 ・だしパックメーカーの現地輸入業者紹介・輸出代行 ・環境関連メーカーの台湾市場進出サポート 等
何年くらいご経験がありますか: 4年
業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無: 過去の案件実績、居留経験から、下記分野については特に知見がございます。 ・食品卸・小売・レストラン業の動向 ・環境事業(水処理) ・現地消費者の消費動向
この分野は今後どうなると思いますか: 日系企業様の台湾進出は現状非常に盛んですが、収益化できず撤退するケースもかなり多いです。日本式にこだわり過ぎず、いかに現地消費者のニーズを的確に汲み取ってローカライズできるかがポイントになると思います。